フロント24時間受け付け
(お気軽にお問い合わせください)

TEL 03-3476-2828

 

電話番号タップ画像

渋谷で利用率No.1

渋谷最安値!!!
24時間ご休憩でき渋谷百軒店の中心に
位置し好立地なので、とってもご利用しやすく
リピーターも多い人気のレンタルルームです!

 

部屋数も多いので、待ち時間なくご案内できます
短時間で客室を利用できるサービスです。清潔な空間を低価格でご利用いただけます。

 

男性お1人様、女性お1人様、終電逃したビジネスマン、ラブホテルとしてご休憩のカップル、風俗店をご利用の方、お昼寝、仮眠、シャワーなどを気軽にご利用いただけます。

 

 

さらに利用者数 世界No.1の民泊サイトAirbnb(エアビーアンドビー)公式に認定されているレンタルルームです。

 

●外国人の方も安心してご利用可能です。

 

REDはこのような方に最適です♪

渋谷で休憩・仮眠をとりたい
ちょっとシャワーを浴びたい・・
終電逃しちゃったビジネスパーソン
ラブホテルとしてご休憩のカップル
風俗店をご利用の方

 

 

料金システム

◆オールタイム
◆30分/1000円(※18時まで)
◆60分/1500円
◆90分/2000円
◆120分/2,500円

 

◆延長30分/1000円

 

◆ナイトパックPM23:30時〜AM11時/5,500円

 

RED限定ポイントカード発行
60分コース以上を8回利用すると、何と1回無料!

 

※現在 自動販売機は完備しておりません 飲食の買い込みは向かいのローソンをご利用ください。

 

【ナイトパックが予約出来るようになりました!!】

 

ご好評のナイトパック 23時30分 ~ 翌11時00分 が4月1日より予約出来るようになりましたので、是非ご利用ください。

 

手順
@当日、TELにてナイトパックの空き状況をご確認ください。

 

A当日21時までに前払い料金5,500円をご持参ください。

 

B23時30分に再度ご来店ください。

 

※大きいお荷物は預かる事が可能ですが、貴重品は持参ください。

 

格安で翌朝まで渋谷Nightを楽しむことが出来ます!

 

 

こんな使い方をされる方が増えてます!

 

クラブを楽しむ方は、、、
渋谷円山町のクラブで楽しんでも夜中3時位には飽きちゃうし、眠いので寝床を確保してから楽しみたい!!と思ってREDを予約してからクラブに行きます。クラブでナンパした子とぐっすり朝まで寝てます。

 

カップルの方は、、、
 せっかくのデートも残業からの居酒屋なんで、呑み終わるとラブホが空いてないことが多く、毎回探し回るのが正直シンドいです。
飲む前にナイトパックを予約すれば、終電もラブホ探しも心配なく、ゆっくりできるのがありがたいです^^

 

会社呑みサラリーマンは、、、
 上司と飲みに行っても絶対終電に間に合わない!上司は近いからタクシーで帰っちゃうけど、いつも一万円かけてタクシーで帰ってる俺。。
 裏技でナイトパックで朝までゆっくり寝て、翌朝始発で帰った方が節約になる!

 

合コン帰りの女子二人は、、、
合コンで居酒屋→カラオケは分かるんだけど、始発待ちのカラオケって、マジだるい。タクシーで帰るって言って、女子二人でオシャレなBARに行って、眠くなったらREDに行く流れが最近のお気に入り!!
翌日に疲れが残んないし、お肌にもいいですよー。

 

渋谷で働くITエンジニアは、、、
月末になると、だいたい仕事が終わらなくて、会社の会議室で寝袋が多かったのですが、腰を痛めてからきちんと寝たいと思い、検索するとREDが見つかりました。少し固めのマットでしっかり体を伸ばして寝るだけで疲れが取れます。19時過ぎにスタバに珈琲を買いに行く時には、残業があるかないか判明しているので、散歩がてら予約しちゃいます。
 WiFiも完備されているので、シャワーを浴びてからの一仕事も結構はかどります!

 

ホテル滞在時間5時間の出張族は、、、
 毎回、岡山から出てくると、接待を受け、居酒屋→スナック→キャバに行くと2時を過ぎている。。翌朝はすぐ帰らなきゃならないので、シャワーと仮眠だけで十分!
ホテルは高いし、5時間しか使わないから、最近は節約の意味でもREDが多いです。荷物を預かって貰えるので出張族でも十分使えます!

 

-店内イメージ-

アクセスマップ/地図

管理人のコラム

全国各地にレンタルルームやラブホテル街は見受けられるのですが、どうしてあんな感じの密集地帯を構成しているのかはミステリーである。それまでは遊郭だった地域なんだろうか? 国の決まりで建てられる場所が制限されているのでしょうか? 何気無く、街の歴史や法律が関与している気がする。私は「ラブホテル密集の謎」を解明すべく、ラブホテルに関する読物から色々調査してみることを決めた。
ラブホテル街は、終戦後の「連れ込み旅館」が原点?
昭和初期、大阪で登場したラブホテルの先代という感じの宿泊機関に「連れ込み旅館」と言われるものがあるとのことです。連れ込み旅館とは、イメージできるように、男性が女性を連れ込む(その逆も?) 宿泊施設を意味しある。連れ込み旅館は、富裕層向けの貸席(料金をとって時間決めで貸す座敷) である「待合茶屋」の、アマチュア庶民版に近い物として広まっていった。
連れ込み旅館は、別に“連れ込めます”という看板を掲げていたり、何か特別な建物だというわけではない。
敷が何部屋かあって、お風呂がついていて、料理も出る。なので通常の旅館と基本的には同じだ。性的な行為をする目的での利用を容認・歓迎していて、男女2人連れの客が多く集まっている旅館全般を、庶民が「連れ込み旅館 すなわちレンタルルーム」と呼んでいたというわけである。
そして終戦後、連れ込み旅館は物凄い勢いで急に増え出す。公娼システム廃止によって、売春宿は店を畳まなくちゃならなくなり、続々と連れ込み旅館に転業したからと言えます。その上、当時は住宅環境もあまり整っておりませんでしたから、お風呂もない狭い家に何人もの家族が住んでいた。そのためか、家族の目につかず、お風呂にも入れるということで夫婦やカップルでの利用も多かったという。連れ込み旅館は、人の出入りが多い上野や新宿などに立ち並んでいた。高度経済成長もバックアップして、その数は爆発するように増えていく。こうして、現在のラブホテル街の原型ができていったのです。
2012年に渋谷ヒカリエがオープンし、2013年に東急東横線と東京メトロ副都心線が相互直通運転を開始。その上渋谷駅の地上駅舎が85年間にわたる歴史に幕を閉じ、渋谷駅の壮大な再開発のプロローグがスタートを切った。その後、東横線渋谷駅の地上駅舎や、東急百貨店東館が解体され、渋谷駅東口の風景は大きく変貌を遂げた。その間、4年間にわたり駅の機能を止めず、丁寧に解体工事が進められ、2020年を前にして、渋谷駅東棟を発端にしていくつかの再開発プロジェクトが完成する計画となっている。さぁ、「再開発のプロジェクトの第2章」がいよいよスタートする。